糖尿病予防にはデンタルフロスで歯を磨くとよい!歯周病治療で血糖値が下がる

Pocket

糖尿病予防にはデンタルフロスで歯を磨くといいんですよ!糖尿病に詳しい方から聞いた情報です。

糖尿病予防のために歯のブラッシング指導もやっていたそうです。

えっ、かなり驚きました。

糖尿病って糖分をたくさんとるから虫歯になりやすいのかな?とは思いましたが、それだと糖尿病の人は歯周病になりやすい、ということになります。

それとは逆に、歯周病が糖尿病の原因になる、という話です。


何故、歯周病が糖尿病に影響を与えるのか?

それでは何故、歯肉の炎症である歯周病が糖尿病に関わってくるのでしょうか。

出血や膿を出しているような歯周ポケットからは、炎症に関連した化学物質が血管を経由して体中に放出されています。

中等度以上の歯周ポケットが口の中全体にある場合、そのポケット表面積の合計は掌(てのひら)と同じ程度と考えられています

歯周ポケットの中身は外からはなかなか見えませんが、手のひらサイズの出血や膿が治療なしで放置されていることになります。

恐ろしいですね。

それくらい大きな表面積から化学物質が体中に放出されるのです。からだ全体からも無視できない問題であることが理解できると思います。

ポケットから出て血流にのった炎症関連の化学物質は、体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくします(インスリン抵抗性)

具体的には、歯周病関連細菌から出される内毒素が歯肉から血管内に入り込み、マクロファージからの腫瘍壊死因子α(TNF-α: tumor necrosis factor-α)の産生を促進します。その結果TNF-αの亢進がインスリンをつくりにくくする(インスリン抵抗性)ことがわかっています。


歯周病治療で血糖値が下がる!

最近では歯周病と糖尿病は密接に関連していると言われており、歯周病の治療をすると血糖コントロールが改善するという研究成果も数多く報告されています。

ここでの「歯周病の治療」とは、患者さん自身のブラッシングによるプラークコントロールをしっかり行い、歯科医院で炎症の原因となっている歯石を確実に取り除く(スケーリング)ことです。

そうすることで歯肉の炎症をコントロールできればインスリン抵抗性が改善し血糖コントロールも改善するということが、日本での研究を含めた多くの臨床研究で報告されています。

一方で、全ての症例で血糖値の低下が生じないことも明らかになっており、どのような糖尿病患者さんで血糖値が下がりやすいのかを調査した今後の研究成果が待たれています。

引用元  <http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/040/01.html>


歯周病と糖尿病の双方向の関係性

糖尿病により、からだを守るマクロファージの機能低下・結合組織コラーゲン代謝異常・血管壁の変化や脆弱化(細小血管障害)・創傷治癒の遅延などが起こり、歯周病の発症・進行に影響を与えます

その結果、糖尿病があると歯周病関連細菌により感染しやすくなり、炎症により歯周組織が急激に破壊され、歯周炎が重症化していきます。

糖尿病をお持ちの方では歯周病が悪化しやすく歯周病があると糖尿病の血糖コントロールが難しくなることがわかっています

引用元:http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/040/01.html


まとめ

以上のことから、糖尿病と歯周病は双方向の関係があり歯周病になると歯茎の炎症により血糖コントロールが悪化することで糖尿病にかかりやすくなります

「糖尿病予防にはデンタルフロスで歯を磨くといいんですよ!」

とは、こういうことだったんですね。

ちなみに私は毎朝「ジェットウォッシャー」を使っています。

ただ昼と夜はジェットウォッシャー使わないので、デンタルフロスを使うようにします!


参考記事

  • 歯周病と糖尿病の深い関係

http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/040/01.html

  • 歯周病と全身の状態 糖尿病と歯周病の双方向性

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-03-012.html


糖尿病関連の記事



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの49歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!