今年こそ花粉症から逃れるぞ!砂糖・小麦・牛乳をやめる。日光浴で花粉症を和らげる!

Pocket

花粉症の季節です!

このところ急に暖かくなり、花粉が飛びまくっています。花粉症の私にとってはつらい季節です。

でも今年は、比較的症状が軽くて収まっています。

薬も強い薬を飲まずに済んでいるので、昼もあまり眠くなりません。

強い薬を飲むと、眠くて眠くてしょうがなくなるんですが、そんなこともなく比較的快調です。

何故でしょうか?

最新、花粉症の症状を改善するにはどうしたらよいのか?を勉強していて、そのうち、いくつかを実践しているからかもしれません。

面白いくて実践できそうな花粉症対策を紹介します。


砂糖・小麦・牛乳をやめる

何故、砂糖・小麦・牛乳をやめると花粉症に効くのでしょうか?

砂糖は勿論のこと、小麦・牛乳は糖質量の多い食材、食品なんです(下記参照)。

http://www.pocorin.com/learning/1-04/

つまり糖質を控えることがポイントになります。

花粉症と糖質の関係

それでは、何故糖質を控えると花粉症に効くのでしょうか?

糖質と花粉症には、深い関係があると考えられています。

花粉に触れることで起こる、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの反応。これらを抑えるためにがんばっているのが、腎臓の上にある臓器、副腎皮質から出ている、コルチゾールというホルモンです。

コルチゾールは、アレルギー症状を抑えるほかにも多彩な仕事をしています。そのひとつが、血糖値のバランスを整えることです。血糖値はふだん、一定に保たれていますが、甘いものをたくさん食べると、血糖値はグンと急上昇。上がった状態を正常に戻すために、さまざまなホルモンが使われます。コルチゾールもそのひとつです。こうした状態が続くと、糖質の採りすぎで上がった血糖値のために、コルチゾールがムダ使いされてしまうということになります。

コルチゾールが無駄使いされてしまい花粉症の症状を抑えるところまで手が回らなくなる花粉症の症状が悪化してしまうのです。


腸内環境の改善

花粉症などのアレルギーとは免疫システムのバランスが崩れて暴走した状態です。

免疫システムのうち60%以上は腸に集中しています。

したがって、腸内環境を改善し免疫システムのバランスを整えることで花粉症の発症を抑えることができるのです。

免疫システムに大きな影響をあたえているのは腸内細菌です。

特に乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が免疫システムを活性化することが分かっています。

花粉症の人も腸内細菌全体の中でビフィズス菌の占める割合が低い事が判明したそうです。

腸内環境を整える具体的方法

ヨーグルトを毎日500g食べ続ける

腸内環境を整えるためには、善玉菌を多く含む食品を採ることです。

その筆頭が、ヨーグルト。特に花粉症に効果があると実証されているのは「ビフィドバクテリウム・ロングム・BB536株」 という菌、だそうです。

お勧めは「森永ビヒダスプレーンヨーグルトBB536」とのこと。

ヨーグルトの他には、食物繊維、オリゴ糖もお勧めです。

添加物をとらない

ヨーグルトは、よいものを摂るという発想でしたが、逆に悪いものを摂らない、という発想です。

添加物、化学物質が入った食品は、極端な言い方をすると毒を食べているようなもので腸内細菌を殺してしまうそうです。その結果腸内環境が悪化します。

こうやって書くと、ちょっと恐ろしいですが、人工的なものは身体によくない、ということを意識して食事に気をつけようと思います。

プチ断食

週末、昼を軽くして夜1食抜く、というプチ断食も効果が高いそうです。断食により、腸内にある毒素が一旦排出されることで腸内環境が改善されるそうです。


日光浴で花粉症を改善!

えっ、うそでしょ、と思いましたが、秘密はビタミンDです。

なぜならビタミンDは『免疫調整ホルモン』だからです。

ビタミンDが欠乏すると免疫バランスが崩れて花粉症のような異常な免疫反応を生じてしまいます。リウマチ、一型糖尿病などの自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎、喘息などの花粉症以外のアレルギーの発症にも関与する。

それでは何故日光浴で花粉症が改善されるのでしょうか?

紫外線を浴びることによって体内ではビタミンDが合成される。だから、紫外線の強い場所に居続けると、ビタミンDがいつもより多く合成されてアレルギー症状が治まる

ということらしい。

日光浴はともかく、ビタミンDの摂取で花粉症の症状が改善されることは実験でも示されています。

サプリを採ればよいので、簡単ですね。

詳しくは下記を参照下さい。

  • 花粉症は「ビタミンD」で改善する!? 驚きのその真相に迫る

<https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1455672300117/>


まとめ

糖質コントール腸内環境改善がキーワードですね。

  • 缶コーヒーは悪魔の飲み物!病気や不調の9割は血糖値の問題「医者が教える食事術 最強の教科書」

を読んで以来、以下のことを実施しています。

  • 大好きなカフェラテやカフェモカを控える
  • また以前よく食べていたチョコを控える

ハイボールとチョコレートは晩酌の定番だったんですが、最近は、チョコの代わりにナッツ系です。

  • 血糖値スパイクを防ぐため、ゆっくり食べるよう心掛けている

このお陰かどうか分かりませんが、確かに花粉症の症状は軽くなっています。

2月前半は、かなりくしゃみや鼻水が出ましたが、それよりも花粉が多いここ数日も、若干、鼻と目がムズムズする程度です。

上記の糖質コントロールは、糖尿病や認知症にも効果があるので、このまま継続します

このまま花粉症が酷くならずに春を乗り切れることを期待しています!


参考資料

  • 甘いもの好きはご注意。花粉症と糖質の意外な関係とは #ポジティブ栄養学

<https://www.mylohas.net/2017/01/060002pollen.html>

  • 花粉症と腸内細菌の深い関係。花粉症の改善に効く菌はこれ!

<https://unlog.me/topics/pollinosis>

  • 花粉症は「ビタミンD」で改善する!? 驚きのその真相に迫る

<https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1455672300117/pid_2.html>





Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの49歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!