働き方改革(その11)テレワーク女子がすっぴんでWeb会議~Web会議に美の意識を持ち込んだ面白い働き方改革のソリューション~

Pocket

Web会議に美の意識を持ち込んだ面白い働き方改革のソリューション

イノベーションネタですが、働き方改革の面白いソリューションでもあります。

貼り付け元  <http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/091500384/091500001/>

これは面白い。今後ますます自宅からのWeb会議参加が増えるし、男性にも評判がよいとのこと。

確かにPCのカメラだと暗くて元気のない顔になりがち。メーク機能があれば雰囲気よくなるし、発言も生き生きして会議も生産的になりますね!


せっかく家にいるのにWeb会議のためだけにメークをするのは面倒

今日のネタは、資生堂が開発したWeb会議の画面に映る参加者の顔に自動でメークしたり、顔色を補正したりできるアプリ「TeleBeauty(テレビューティー)」

ホームオフィスで自宅からweb会議に参加する場面を想定し、

  • 「会議のためだけにメークをするのは面倒」
  • 「ノートPCに付属するカメラだと、肌がくすんで見える」

といった「美」に対する不満から生まれたソリューション。

Skypeに映る自分の顔への自動メーク機能を搭載。

メークの種類も「Natural(自然なメーク)」「Trend(流行のメーク)」など4種類から選べる。これらの自動メークは顔の動きに追従するようになっており、実際にメークしているように見える。

映像やカメラの性能、照明によって顔色が悪く見えるのを解消する「顔の明るさと色の補正機能」も加えた。

「ノートPCに搭載されたカメラで映した顔は大きく見えがち。顔の大きさも補正して肌色を美しく見せるように工夫している」。

「在宅勤務でWeb会議に参加する場合、プライベートな空間が映り込むのは避けたい」ということで顔以外の背景をぼかす機能も盛り込んだ。

利用した社員にアンケートを取ったところ、9割が「今後も使いたい」と回答。

驚いたのは、好意的な9割の回答者の半数が男性社員だったことです。


なぜイノベーティブだと思うのか?

Web会議を効率的にするためのツールやアプリの機能面がクローズアップされますが、本ソリューションは、直接の会議促進ツールではなく、参加者の心の不満を解消した点がイノベーティブ

Web会議×美 という一見違うものを掛け合わせている点が面白い着眼点です。

参加者が前向きな気持ちで参加できるようになることで、ホームオフィスの浸透も加速されます。

何よりも会議そのものが活性化され、会議のアウトプットが向上することが期待できます。

参加者のハッピーな顔が見えるだけで、聞いている人にも気持ちが伝わりますよね。


人々の暮らしをどう変えるのか?

会社の中では会議は重要な要素の1つである一方、在宅勤務が増えたりで、自宅や出先での会議参加が増加しています。

自分自身もweb会議を使用しますが、顔が見えなかったり、やはりface to faceの会議の方が生産性が高いな、と感じています。

大分便利になってきましたが、このソリューションでは、生き生きとした顔が見えることで臨場感がface to faceに近づくとともに、参加者のモチベーションがあがるので、会議の生産性があがるはずです

これだったらば在宅での遠隔会議でも問題ないよね、とことになり、結果、働き方のフレキシビリティが増すのことが期待できます。


応用できる発想は?

機能のアップではなく、モチベーションのアップを狙った点です。

機能面の不満ではなく、美に対する不満に注目したのが素晴らしい。

美に対する意識に潜在的な可能性があり、一見、美とは異なるものを組み合わせて 「○○×美」を見つけるとよさそうです。


働き方改革の関連記事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの49歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!