【ヘルスケアビジネスモデル6】ロボット支援手術のカテゴリーキング~15年以上も市場を独占するdaVinciのビジネスモデル~その2

Pocket

image_pdfimage_print

ロボット支援手術のカテゴリーキングdaVinci(その2

【ヘルスケアビジネスモデル4】ロボット支援手術のカテゴリーキング~15年以上も市場を独占するdaVinciのビジネスモデル~その1

に引き続き、daVinciのビジネスモデルについてもう少し考えてみました。


本体販売モデルから消耗品販売&サービス型のモデルへ転換

本体販売モデルから安定的に収益が確保できる消耗品販売やサービス型のモデルへ転換が図られています。

モデル転換を考える上で、売上高に対する、daVinciのシステム売上比率の推移をまとめてみました。

初期(2006-2008年)はSystem売上比は50%を越えています。これはまずシステムの導入が最初なので、ある意味当たり前です。

2009年以降は徐々にSystem売上比が下がり、2012年から2014年の3年で一気に40%超から30%へ下がっています。このあたりで、本体販売モデルから消耗品販売&サービス型へ転換が図られていると考えられます。Instruments & Accessoriesが順調に伸びていて、これがモデル転換のドライバーとなっています。

2014年以降はSystemの売上比は、ほぼ30%で安定しています。

Systemのインストール台数のトレンドも見てみました。

こちらは2010年から2015年の6年のデータになりますが、毎年300台強の台数が安定してインストールされていることが分かります。

IR資料より引用

したがって、新規インストールが少なくなって、相対的にSystemの売上比が減少したわけではないことが分かります。

コンスタントに300台強のsystemが増加しながら、Instruments & Accessories, Serviceも売上もあがって、両者がバランスしてSystem売上比が30%になっているということになります。

ちなみに2016年末時点の全世界でのdaVinciインストール台数は、下図の通り3,919台です。

IR資料より引用


研究開発費

競合に対して圧倒的な技術的アドバンテージがあることがポイントとなるビジネスモデルです。

そのため研究開発費が重要になりますが、2016年度は$ 240 M(約240億)でした。売上の約9%を投資しています。

これも興味があったので、研究開発費の推移をグラフにしてみました。

売上をコスト別に切って積み上げたグラフです。

このグラフから、研究開発費R&Dに、毎年売上の89%も投資していることが分かります。2005年当初からこの割合を継続して投資していることも注目です。

一体どれくらい累計でR&D費用を投じているのか?これが競合に対するアドバンテージとなる定量的な数字になるのでは?と考え、累計のR&D費用を計算してみました。

2005年から2016年までの11年間のR&D費用の累計は、1,479 M$、約1,500億円にのぼります。後発メーカーが続々と市場に参入すると噂されていますが、累計1,500億円のR&D費用による技術的アドバンテージは大きいですね。

ベンチャーではこれだけのR&D費用を捻出するのは厳しいですし、そのため噂されている競合も、大手が多いのもうなずけます。

それでも、1,500億円という研究開発は大きく、競合の目線で考えると機能面でdaVinciを上回るのはかなりハードルが高いというのが改めて実感できました。


ロボット支援手術に関する記事

ロボット支援手術に興味のある方はこちらもご覧下さい。


ヘルスケアビジネスモデルの事例

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの50歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!