【ヘルスケアビジネスモデル10】誰が医療を変えるのか?オンライン医療辞典やオンライン診療アプリを作る理由(その2)~ぼくらの未来をつくる仕事 MEDLEYのビジネスモデル

Pocket

image_pdfimage_print

オンライン医療事典やオンライン通院システムのビジネスモデル

では、オンライン医療事典やオンライン通院システムの意義をまとめました。

本日は引き続いてビジネスモデルをまとめます。


株式会社メドレーの収益

最初に主要事業とメドレーの収益を調べました。

主要事業は、オンライン医療事典「MEDLEY」やオンラン通院システム「CLINICS」を含めて下記4つになります。

売上高は非公開ということで不明でしたが、下記に平成29年3月の決算公告があり、純利益が分かりました。

平成29年3月30日

利益剰余金 :▲931百万円 (-9億3,100万円)

当期純利益 : 449百万円   (4億4,900万円)

引用元:  <http://kessan-kanpo.blogspot.jp/2017/04/8_25.html>

利益剰余金が赤字なので、ようやく利益が出始めたという時期でしょうか?


ビジネスモデル

オンライン医療事典「MEDLEY」、オンライン通院システム「CLINICS」に加えて設立当初からの事業の求人サイト「ジョブメドレー」のビジネスモデルを簡単にまとめます。

オンライン医療辞典「MEDLEY」

収益源は広告とデータ提供を考えています」(<https://www.worksight.jp/issues/956.html> )とのことです。

医師からの情報提供、ユーザーの利用は無料なので、下記のようなモデルになります。

オンライン通院システム「CLINICS」

  • 病院への導入

初期費用プラス月額利用料の料金体系

  • 患者(ユーザー)

アプリのダウンロードは無料、診察料と予約料を支払う。

診察料はCLINICの利用にかかわらず発生するので、予約料がCLINICS利用によるプラスの収益となる。

とのことなので、下記のようなモデルになります。

ジョブメドレーのビジネスモデル

ジョブメドレーは求人サイトですが、収益源として4つのタイプがあります。

  • 月額課金型:

一定期間、求人情報を掲載することで、システムの利用料を徴収するモデル

  • 応募課金型:

ユーザーから応募があった場合に、課金されるモデル

  • 成果課金型:

求職者の採用が、決定した際に課金されるモデル

  • オプション課金型

掲載自体は無料ですが、機能にオプションを追加して、そのオプションに対して、課金されるモデル

ジョブメドレーは、成功報酬型+オプション課金型、に区分されています。

引用元  <http://www.selva-i.co.jp/blog/archives/3320>


参考資料

  • 話題のサービスはいかにして生まれたか? メルカリ×メドレー×エブリーの役員が自社プロダクトを語る

http://logmi.jp/161137

  • Wikipedia内の疾患情報の9割に間違い?医師がウェブ上で編集する病気の百科事典「MEDLEY」

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/tuusin/201503/541138.html

  • 「医療×IT」で患者のリテラシーを高める

https://www.worksight.jp/issues/956.html

  • 遠隔診療で先行 都市に広がる「スマホで通院、待ち時間ゼロ」

https://www.projectdesign.jp/201708/healthcare/003887.php

  • 株式会社メドレー 第8期決算公告

http://kessan-kanpo.blogspot.jp/2017/04/8_25.html

  • WANTEDLY

https://us.wantedly.com/companies/medley/post_articles/50765

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの50歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!