【プロマネの意識3】花粉を集めるミツバチのように行動するプロジェクトマネージャー

Pocket

image_pdfimage_print

ファシリテーション型リーダー

今日は、プロジェクトマネージャーのリーダーシップスタイルとコミュニケーションスタイルについてまとめます。

リーダーシップのスタイルって何?と思われるかもしれませんが、2つのスタイルがあると言われています。「トップダウン型」「ファシリテーション型」です。「支配型」「協調型」ともいわれます。

2つのリーダーシップの違いを模式的に示したものが下図です。

左は従来の組織によく見られるトップダウン型(支配型)。本部長から部長、そして課長、担当が階層となり、上から指示を下ろしていくパターンです。

でも、複数部門のメンバーが集まるプロジェクトでは、左側の支配型ではうまく機能しません

何故ならば、プロジェクトメンバーは自分が所属する組織でレポートラインがあり、その部門の目標や上長の指示に従うからです。

社内での多くのプロジェクトは、このようにレポートラインが別のところにあり、つまりプロジェクトマネージャーはメンバーに対する権限を持ちません。それでは、どのようなリーダーシップが求めらるのでしょうか?

それが右のファシリテーション型(協調型)リーダーです。


ファシリテーション型リーダーの振る舞い

それではファシリテーション型リーダーとはどんなタイプでしょうか?

ポイントは2つあります。

目上の人をうまく使う

1つ目は、自分の上司や、隣の部門長など、目上の人をうまく使うことです。

私が社内のプロジェクトを見ていると、上司を使えていないことが多いです。

プロジェクトメンバーをアサインする時も、上司を使って、そのメンバーが属する部門の上司に話をしてもらい、レポートライン上の上司から仕事として正式にアサインしてもらうことが重要です。

またプロジェクトメンバーが自部門の仕事に追われて、十分にプロジェクトに時間を割けないような時にも、同じように上長経由で、そのメンバーが属する部門のレポートラインを使います

そのためには、上司にタイムリーにプロジェクトの状況を報告しておき、サポートが必要そうなところをあらかじめささやいておくことが重要です。

ランチの時間などで、軽く話しをしておくだけでも効果的ですよ。

また日頃から自分の職務レベルよりの上のレベルの人たちとよい人間関係を築いておくことも重要ですね。

コミュニケーションのスタイル

2つ目は、コミュニケーションのスタイルです。

組織もレポートラインも違うプロジェクトメンバー。通常、席も離れています

そんな時、どうコミュニケーションすればよいのでしょうか?

イメージは、「花粉を集めるミツバチ」です。

ミツバチは、花粉を集める時に花から花をぶんぶん飛び回って、花粉を集めます。それと同じです。

人々の間を熱心に歩き周り、短時間でもよいので熱意に満ち溢れて会話をします。そうすると人は少しづつ引き込まれ、やる気になってくるものです

すれ違った時にちょっと声をかけること、ちょっとした双方向の確認が必要な時に、メールではなく、その人の席まで行って話しをする、など小さなことですが、とにかく接点を増やすことが最初の一歩だと思います。


プロマネの意識に関する記事

  • 【プロマネの意識1】プロジェクト成功の鍵 12カ条
  • 【プロマネの意識2】「すげーな○○!」プロジェクトの空中分解を防ぎ、メンバーをまとめる”魔法の合言葉”
  • 【プロマネの意識3】花粉を集めるミツバチのように行動するプロジェクトマネージャー
  • 【プロマネの意識4】あら不思議。ゴール達成までの道のりを直線ではなく山あり谷ありの曲線で描くだけでプロジェクトの成功確率が上がります。
  • 【プロマネの意識5】皆さんがハッピーになることを第一に考える~Give, Give, Give, Give, Give & Take~プロマネの心構え

日常業務にすぐに活用できる実践的プロジェクトマネジメントのコツ!

  • 【3つのWhatで必ず結果を出すプロジェクト仕事術】①ゴールは何ですか?②お困りごとは何ですか?③アクションは何ですか?~極意は見える化~チャーターをはっきり・くっきり明確に記載することで必ずプロジェクトは成功する!
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの50歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!