【成長する人・組織19】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその4~「分かっているけど、できないんです」直したいけどどうにもならない性分6タイプ

Pocket

image_pdfimage_print

「分かってはいるけど、できないんです」に対してどうするのか?

  • 【成長する人・組織18】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその2~想定が全くはずれた第一回目

では、完全に想定がはずれたので仕切り直すことにしました。

仕切り直しのポイントは、「分かっているけど、できないんです」です。

さて、どうすればいいでしょうか?

例のごとく本や記事を探します。


わかっちゃいるけどやめられない心理(渡辺登 著)

何と、タイトルがズバリ一致する書籍がありました。

わかっちゃいるけどやめられない心理―あなたの嫌なクセを治す処方箋 (渡辺登 著)

早速、購入して読んでみました。

タイトルがズバリだったので、具体的な改善策につながるヒントを期待して読んだのですが、人の悪口を言うAさんのケースでは正直ピンと来るヒントがなく、もやもやした感じでした。

直したいけどどうにもならない性分6タイプ

下記のタイプ判別テスト、これは使えそうだと思いました。

直したいけどどうにもならない性分には6タイプあり、それぞれ何故そうなってしまったのか(原因)とどうすれば直せるか(対策)について検討する

とあります。

タイプを理解することは対策を立てる上で重要なので、皆さんも是非実施してみて下さい。

質問

「行きつけのバーで、自分のウィスキーボトルにお酒が半分残っていた場合、あなたならどう考え、行動しますか?下記6つから選んで下さい」

  1. まだ半分も残っている。ラッキーと思う。たとえ、1日でそのボトルを半分空けたのだとしても、別に反省などしない。そして手持ちが全くないことをすっかり忘れて、新しいボトルを入れてしまうこともあり得る。
  2. 自分のお酒を減らさないために、ちゃっかりお酒をせがんだり、酔っていることをいいことに、人のボトルを強引に飲んでしまうかもしれない。
  3. きっと誰かが一杯差し入れしてくれる、または優しい人が新しいボトルを入れてくれるのではないかと考え、さりげなくそうなるように仕向ける。
  4. 半分しかないけれど、それならそれで仕方ないかと思う。誰かに「もう半分も飲んでしまったのか」といわれると「もう半分も」と感じ、別の人から「まだ半分しか飲んでないのか」ないのかと言われれば「まだ半分しか」と思う。
  5. もう半分も飲んでしまった、あと半分しかないと思う。何日でこれだけ飲んでしまったのかを思い起こし、深く静かに反省する。
  6. こっそり、その場にいない人のボトルを飲んでしまう。バレなければいいやと思う。または、知り合いの誰かを使って、酒屋から1ダース盗ませようかと思う。

私は1でした。

これは極楽トンボタイプです。

極楽トンボタイプには、プラスとマイナスがあり、プラス極楽トンボはよい性分です。

  • おおらかで活動的、どんな挫折にもめげず常に楽天的
  • 快活で人生を肯定的に捉え、無頓着でものに惑わされない

陰湿な生活経験にも精力的な包容力で打ち勝っていく強さを持ち、ためらいや懸念を払拭して生きていくことができる

私はプラスの極楽トンボです(笑)。プラスと言い切っている時点ですでにプラス極楽トンボですね。

問題は、地獄極楽トンボならぬマイナス極楽トンボタイプです。

6つのタイプと、その原因と対策について本の記載内容をまとめました。


悪口をいうお局さん部下のタイプは?

今回のコーチング対象のお局さん部下にもやってもらいました。

私は「暴発タイプ」だと予想していたのですが完全にはずれました。

答えは「④の前半と⑤」、「50%くらいあなた任せ+うっせき」タイプです。

かなり意外でしたが、これで1回目のコーチングでの拍子抜けの理由が分かりました。

2を予想して、攻撃的な雰囲気や言動を予測していたのに、タイプが違うので、予想通りにならない訳です。

話をしていて感じた素直さは「あなた任せタイプ」から来るもので、感情的な部分は「うっせきタイプ」から来るものです。

なるほど、こうやって考えてみると、本人が悪口を言っていないというのも納得できます。ただはっきり物を言うタイプなので、本人が悪口と思っていなくても周囲は悪口ととってしまうのかもしれません。


どのタイプになるのか?人生経験で決まる

6つのタイプの原因を見て分かりますが、どのタイプになるのか?は、その人の人生経験、特に幼少期に親や周囲から受ける愛情に大きく依存することが分かります。

つまり、人生経験の違いにより物の見方が変わるということになります。

これを手掛かりに、感情的にならない方法、自然に行動が変わるためのヒントに辿り着きました。下記にまとめましたのでご参照ください。

  • 【成長する人・組織20】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその5~未処理の感情に気づけば、問題の8割は解決する(城ノ石ゆかり 著)

問題を抱える部下の意識を変えるコーチング

問題を抱える部下の意識を変えるコーチングに関する記事をまとめます。

  • 【成長する人・組織10】否定的な言い方や態度が目に付く部下に対するコーチング1~本人の気づきから行動を変えてもらいたい~ヒントになる3冊:100%好かれる1%の習慣、自分を変える習慣力、相手を変える習慣力
  • 【成長する人・組織11】否定的な言い方や態度が目に付く部下に対するコーチング2~本人の気づきから行動を変えてもらいたい~期待以上のコーチング結果
  • 【成長する人・組織16】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその1 ~「良い自己中」と「不平・不満の5つの動機」
  • 【成長する人・組織17】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその2~コーチングのデザイン
  • 【成長する人・組織18】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその2~想定が全くはずれた第一回目
  • 【成長する人・組織19】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその4~「分かっているけど、できないんです」直したいけどどうにもならない性分6タイプ
  • 【成長する人・組織20】人の悪口をいう、自分のやり方と違うと執拗に指導、マイナス面ばかりを主張してチームメンバーに気を遣わせる、お局さん的部下のコーチングその5~未処理の感情に気づけば、問題の8割は解決する(城ノ石ゆかり 著)
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの50歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!