【認知症】脳を電磁波で刺激することで、アルツハイマー病などの神経変性疾患の症状低減、認知機能の改善効果が見られた

Pocket

image_pdfimage_print

電磁刺激のヘッドギア装着で認知機能低下を改善か 米ベンチャーが臨床試験の結果発表

認知症治療について面白い記事を見つけました。

「脳を電磁波で刺激することで、アルツハイマー病などの神経変性疾患の症状低減、認知機能の改善の可能性が示された。専用のヘッドギアで治療を行った結果、2カ月で顕著な改善効果がみられた」

という論文です。

記事引用

論文を発表したのは、「経頭蓋電磁気療法(TEMT)」の研究開発に取り組んでいる米NeuroEM Therapeutics社。

専用のヘッドギア型医療機器「MemorEM™ Head Device」は下の写真のように装着します。

ヘッドギア型医療機器「MemorEM™ Head Device」を使い、脳に電磁波刺激を与えることで、アルツハイマー病につながる「アミロイドベータ」「タウ」といったタンパク質の脳細胞内での凝集を防ぎ、症状の改善が見込めるという。

同社はこの治療法の効果検証のため、軽度から中等度の63歳以上のアルツハイマー病患者8名を対象に、2カ月間(60日間)、1日2回各1時間、同医療機器を患者の頭部に装着してもらい治療効果を検証した。

研究チームは各被験者について、治療前、治療直後(60日後)、治療完了後2週間(14日)それぞれの時点での認知機能を、薬物治療を行った患者に一般的に活用される評価指標「ADAS-cogスコア」により評価した。その結果、8名中7名に認知機能の改善効果が認められたという。

また治療前と治療後でFDG-PETによる脳スキャンを行ったところ、安定した脳グルコース利用が明らかになり、いくつかの被験者については治療の結果によりグルコ ース利用が改善されたことが示唆された。同社としては仮説が裏付けられたとしているが、今後は2019年度末までに、アルツハイマー病患者150名を対象にさらに広範囲な臨床試験を行う予定。

なお、同社が発表した論文は下記に全文公開されている。

電磁波の効果

電磁波により「アミロイドベータ」「タウ」といったタンパク質の脳細胞内での凝集を防ぐことが、認知機能の改善につながると考えられます。

論文を読んでみると、さらにタンパク質の凝集が減るのは、電磁波によりタンパク質内で双極子間相互作用が減少し、水素結合が弱まるためと説明されています。

電磁波といえば電子レンジを連想します

電子レンジの電磁波の周波数は2.4 GHz、今回の電磁波の周波数は915 MHzで、同様の性質を持つと考えれます。

電子レンジの過熱原理は、電磁波により電気双極子の向きが変わって振動し、この摩擦により熱が発生します。

今回の研究で電磁波がタンパク質に与える作用も、双極子を分子レベルで振動させるという点では同じだと思いました。

双極子を分子レベルで振動させることで水素結合を弱め、最終的にタンパク質の凝集を防ぐという効果が出るようです。

分子レベルでの振動と考えると、他のタンパク質や細胞への悪影響が心配されますが、今回の研究では特に悪影響は確認されていません。

さらに今回の研究では単に「アミロイドベータ」や「タウ」といったタンパク質の凝集を防ぐだけでなく、脳でのグルコース利用が改善されている点も注目です。

脳でのグルコース利用が改善されているのは、脳活動が活発になっていることを示唆するものです。

論文によると、電磁波によりミトコンドリア機能が改善され、脳内細胞でのエネルギー(アデノシン三リン酸:ATP)生成が活発になったからと推察されています。

少し難しいですが、簡単に考えると、脳の代謝が活発になったということのようです。

いずれにしても、電磁波には、認知機能に悪影響を与えるタンパク質の凝集を防ぐだけでなく、脳の活動を活発にする効果があり、その結果認知機能が改善された、ということになります。

引用元↓


なぜイノベーティブだと思うのか?

認知症治療のこれまでの焦点は、原因物質と考えられる「アミロイドベータ」や「タウ」といったタンパク質の集積をなくすことでした。

今回の研究成果を読んでいると、単に原因物質の集積をなくすだけでなく、脳の機能の回復、リハビリみたいなことが必要なような気がしてきました。そう考えると、これまで「アミロイドベータ」や「タウ」の原因物質の除去に成功しても、必ずしも認知機能の改善につながらなかったのも説明できます。

「原因物質の除去」と「脳活動/代謝の回復」、この両者がそろってはじめて認知機能の改善につながるのではないでしょうか?

今回の電磁波は、「原因物質の除去」と「脳活動/代謝の回復」、この両者を同時に実現している点がイノベーティブです。


応用できる発想は?

前回紹介したγ波について考えてみると、「視覚と聴覚によってγ波刺激を加えると、脳神経に栄養を送る細胞が増え、新たな血管が作られる”血管新生機能”も高まる」ということなので、電磁波と同じく、「原因物質の除去」と「脳活動/代謝の回復」、この両者を同時に実現しているようです。

  • 【認知症】耳と目からのγ波の刺激でアルツハイマー原因物質が減る!

したがって、電磁波についてもγ波と同じく、様々な血管系、神経系のアンチエイジングへの効果が期待できそうです。

非常に可能性の大きい技術ですね。楽しみです。


参考資料

  • 電磁波刺激のヘッドギア装着で認知機能低下を改善か 米ベンチャーが臨床試験の結果発表
  • 電子レンジの原理と「マイクロ波」「赤外線」の違い~なぜパンはオーブンでご飯はレンジ?~

認知症関連の記事

  • 認知症700万人時代その1~認知症と糖尿病との関係:糖尿病患者は、そうでない人と比較して認知症になる確率が3倍も高い~
  • 認知症700万人時代その2~認知症治療薬の難しさと最新状況「原因物質の除去や糖尿病治療薬に期待」~
  • 認知症700万人時代その3~認知症治療の切り札に!?「”血液脳関門”突破」と「アルツハイマー病の超早期診断技術」~
  • 認知症700万人時代その4~認知症新薬開発の切り札に!?~ノーベル賞技術を応用したアルツハイマー病の超早期診断技術
  • イノベーションは痛みを苦しみの体験から~認知症患者の感覚をVRで疑似体験~
  • 「アジア太平洋高齢者ケア・イノベーション・アワード」で最優秀賞を受賞したサービス付き高齢者住宅(サ高住)銀木犀
  • 認知症関連のイノベーション事例8つ~嗅覚を活用した認知症早期診断&改善~
  • 【治療イノベーション】寝ながら認知症予防できる「メモリアップスリーパー」早期実現できるかも?
  • ヘルスケアIT 2019~テクノロジーが変えるヘルスケアの未来~認知症を防げる未来?
  • 「母さん、ごめん。」50代独身男の介護奮闘記~最も大事なことは一人で抱え込まず公的介護制度をうまく活用すること~
  • 治る認知症?~特発性正常圧水頭症~認知症患者の5%、30万人の人が治療可能かもしれない
  • 【認知症】耳と目からのγ波の刺激でアルツハイマー原因物質が減る!
  • 【認知症】脳を電磁波で刺激することで、アルツハイマー病などの神経変性疾患の症状低減、認知機能の改善効果が見られた
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの50歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!