世界を動かす100の技術、全てリストアップしてみました。(その1)このリスト眺めるだけでトレンドが見えてきます。

Pocket

image_pdfimage_print

世界を動かす100の技術

日経テクノロジー展望「世界を動かす100の技術」

忘れないように紹介されている全技術をリストアップしてみました。

全体を通してのキーワードは、「融合」と「再生」。産業を超えてテクノロジーの融合が進み、様々なものが再生される。再生の大きなポイントは、人、車、現場、建設、ITの5つ


注目エリアはヘルスケア、コネクト、パーソナライズサービスか?

世界を動かす11のテクノロジートレンドが紹介されているが、自分なりに、産業エリアと要素エリアのマトリクスに整理してみました。

関連の強さを◎、○で表現しました。◎のところが特に注目すべきエリアです。

自分なりに業界としてはヘルスケア、

考え方として

  • いろんなものをつなげるコネクト
  • パーソナライズ・サービス

が注目エリアだと思います。

ビッグデータ&パーソナライズ・サービス

VR/AR

バイオ

人の五感を超えるセンサー/ロボット

ヘルスケア

・人の再生

・止まらない心臓

・再生医療

ぶつからないクルマ

・自動車⇒人の移動方法を変えるサービス

老いるインフラ

エネルギー/発電

建築技術

もの作り

お金

 


全てのテクノロジーのリストアップ

それでは全てのテクノロジーをリストアップします。

止まらない心臓:心不全を防ぐ医療デバイスが続々登場

下記引用元の記事に、個別の技術が紹介されています。
引用元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/103100470/103100002/?itp_leaf_backno

  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI):弱った心臓の弁を再生、血管から挿入
  • カテーテル弁治療:僧帽弁の閉鎖不全をクリップ
  • 自己心膜製ステントレス僧帽弁置換術:世界初、自己組織で生体弁を作成
  • 冷凍アブレーション:危険な不整脈の制圧に高周波装置が一役
  • 左心耳閉鎖デバイス:心房細動に伴う血栓を防止する
  • 完全皮下埋め込み型除細動器(S-iCD):断線トラブルや感染の危険ないリードレス
  • リードレスペースメーカー:超小型器を心室に入れ、電気で直接刺激
  • 心臓再同期療法(CRT)シミュレーション:患者の心臓に応じた刺激箇所を推奨
  • 植え込み型補助人工心臓:重症心不全でも長生きが可能に

ビッグデータが値段を変える:一人ひとりに合わせたプライシングが可能に

下記引用元の記事に、個別の技術が紹介されています。
引用元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/103100470/103100001/?itp_leaf_backno

  • テレマティクス保険:運転挙動データから保険料を決定
  • ビッグデータ連動生命保険:スマートフォンデータから健康データを集める
  • スコアレンディング:SNS上の活動も参照、与信枠を決定
  • ダイナミックプライシング:宿泊料を需要に合わせて変動
  • 機械学習による価格最適化:野球観戦チケットの価格を日によって変える
  • データ取引市場:個人や企業の間でデータを売買する

ぶつからない車:高速道路から駐車場まで自動運転はこう進む

  • 自動ブレーキ:普及が進み、交差点対応へ進化
  • 自動操縦:車線変更が自動で可能に
  • 自動駐車・駐車支援機能:駐車場不足など社会問題も解消へ
  • 自動車向けAI(人工知能):競争激化で半導体メーカーの勢力図にも影響
  • 三次元レーザーレーダー(L-DAR):夜間でも障害物を検知

デジタル化でお金が変わる:現金大国日本の行方

  • QRコード決済:中国から押し寄せる新たな波
  • ビットコイン:中国が多大な影響を及ぼす
  • ブロックチェーン:実用化段階に
  • オープンAPI:公開で銀行は求心力を維持

生物を利用した物質生産:「バイオエコノミー」時代の到来

下記引用元の記事に、個別の技術が紹介されています。
引用元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/103100470/110600005/?ST=spleaf

経済協力開発機構(OECD)が2009年に発表した「2030年に向けてのバイオエコノミー:政策課題の設定」とする報告書は、2030年のバイオエコノミーの規模として、加盟国の全国内総生産(GDP)の2.7パーセントに達すると予想。

日本でGDPの2.7パーセントというと、2015年のデータでは1兆4000億円を上回り、食品産業や化学産業のシェアを上回る規模になる。

  • セルロースナノファイバー:鋼鉄の五倍の強度、五分の一の軽さで自動車を軽量化
  • 藻類ジェット燃料:単位面積当たりの生産性が高い藻類でオイルを製造
  • 人工クモ糸:遺伝子組み換え微生物が製造する蛋白質の糸
  • 分子農業:医薬品の製造に養蚕業を活用
  • 密閉型植物工場:野菜や果実が蛋白質製造ツールに変貌
  • 一過性発現技術:短期間で植物体内にワクチンなどを製造
  • スマートセルインダストリー:「賢い細胞」が医薬品、化粧品、化成品を作り出す

発電を極め、温暖化を止める:CO2の排出を抑え、回収・貯蔵へ

  • CO2回収・貯留:地下深くの貯留層にCO2を注入
  • 低炭素石炭火力発電:発電効率を追究、CO2を減らす
  • 小水力発電:設備の小型化と低コスト化が進む
  • 超臨界地熱発電:地底内にある千二百度の海水を活用
  • 水素の活用:常温常圧で安く運ぶ技術も開発へ

老いる社会インフラを丸裸に:大更新に備え内部の損傷も可視化

  • スマートインフラ管理:補修が必要な箇所を人工知能が指示
  • レーザードローン:樹木に覆われた地形も一目瞭然
  • 内部欠陥の可視化技術:破壊せずに隠れた劣化を早期発見
  • 鉄の弱点を克服する新材料:熱可塑性樹脂がコストを下げる

もはや仮想じゃない:多分野の問題解決に挑むVR・AR

下記引用元の記事に、個別の技術が紹介されています。
引用元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/103100470/110600004/

  • 製品開発のVR設計:設計段階で実物を体験する
  • 建築のVR設計:シミュレーション結果を目で見る
  • 医療のAR・VR学習:手を動かして手術のトレーニング
  • 配達のAR支援:確認すべき情報を配達員に表示
  • VRショッピング:ECサイトの弱点を補う
  • ARフィッティング・VR試乗:リアル店舗の弱点克服
  • AR広告:仮想空間でも広告を表示
  • VR教材:生徒を世界や過去に連れて行く
  • VRトラベル:自宅で旅行先を下見する
  • AR観光:明日香村で飛鳥京を体験

「つながる」ものづくり:ITとFAの融合で「賢い工場」を実現

  • IoT工場:とれなかったデータを集め、生産性を高める
  • 協働ロボット:安全柵を設けず人のそばで動かせる
  • 金属3Dプリンター:実際の金属部品を印刷へ
  • 製造業におけるAR:設計から生産現場まで広がる応用

異分野と連携、変貌する建築技術:世界で進む技術革新を日本が追う

下記引用元の記事に、個別の技術が紹介されています。
引用元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/103100470/103100003/?itp_leaf_backno

人の五感を超える機械:新世代センサーやAIプロセッサーが登場

  • 新世代イメージングセンサー:知性を備えたカメラの開発が活況
  • 触覚フィードバック:ユーザーインターフェースに革新
  • 空間ディスプレー:リアル感をとことん高める
  • ヒアラブル端末:耳の中にコンピュータ
  • 音声対話:”会話”が新プラットフォームに
  • AIプロセッサー:エッジは推論、クラウドは学習

その2へ続く

ここまでで、世界を動かす11のテクノロジートレンド、69のテクノロジーです。
次回は再生の大きなポイントとして、人、車、現場、建設、ITの5つの再生の観点で整理した残りのテクノロジーをリストアップします。

「世界を動かす100の技術、全てリストアップしてみました。(その2)人、車、現場、建設、ITの5つの再生。このリスト眺めるだけでトレンドが見えてきます。」


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの50歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!