【ヘルスケアイノベーション6】医療ビッグデータを活用することで、治療の効果をあげたり、リスクを低減したり、予防に役立てたりと、我々のQOLが向上する~そのために必要な要素~

Pocket

image_pdfimage_print

医療ビッグデータがもたらす社会変革

ヘルスケアイノベーションについては、これまでいくつか記載しましたが、ポイントの一つはビッグデータの活用です。

医療ビックデータの活用について、非常によくまとまった本でしたので内容をまとめます。
「医療ビッグデータがもたらす社会変革(中村 建夫[著])」


ビッグデータとは?

ビッグデータとは構造化されていない多種多様なデータで、因果関係を問わず、ひたすら相関関係を見つけて予測することが特徴

典型的な例がGoogle Full Trend。

検索のログデータ、今どこで、誰が、どんなキーワードで検索をかけているかを示すビッグデータを解析することで、全米各地のインフルエンザ患者の流行状況を予測することができた。

同じように、動脈瘤を例に考えてみる。
動脈瘤は必ずしも破裂するものでない。

位置、大きさ、破裂するまでの年数、患者特性などのビックデータがあれば、実際に破裂するリスクを予測することができる

このように医療ビッグデータを活用することで、治療の効果をあげたり、リスクを低減したり、予防に役立てたりと、我々のQOLを向上させることが期待できます


医療ビッグデータを効果的に活用するために必要な2つの要素

それでは、医療ビッグデータを効果的に活用するために必要な要素は何でしょうか?
2つのポイントを読み取りました。

医療ビックデータ解析の人材

ビッグデータは因果関係を問わず、ひたすら相関関係を予測することが特徴で、何らかの結果が得られます。

人の命にかかわる判断を伴うので、うわべの相関関係で判断することなく、疫学的・医学的に、しかも慎重に因果関係を考えることができる人材が必要

意味のあるデータベースの構築

患者特性、処置、アウトカムが揃っていて、その履歴が追えることが重要。

現在、日本で活用されているDBを以下の表にまとめたが、一つのDBで、患者特性、処置、アウトカムが揃っていて、その履歴が追えるものはないまた構築するのも現実的ではない。

したがって今後、1つのDBではなく、複数のDBをつないぐことで、患者特性、処置、アウトカムを履歴として追えるようなシステムを構築することが必要となる

データベースの種類

説明 ポイント

DPC

Diagnosis Procedure Combination

診断群分類

患者の入院および治療に関する詳細記録

2003年導入

1,700の急性期医療機関参加

年間800万件超のデータ

施設単位で導入、患者が転院すると追いかけられない。

ある診療に対する施設間比較など、施設をマネジメントするツールとして有効

NCD

National Clinical Database

http://www.ncd.or.jp/about/

一般外科医が行っている手術の95%以上をカバーする年間120数万件が入力

5,000を超える施設で導入

400万症例超登録(2014/3月時点)

Doctorが入力

データを治療にフィードバックすることで、有意に治療成績が改善した例もある

JMDC

日本医療データセンター

https://www.jmdc.co.jp/data-health/

毎月380万人分のレセプトデータ

100を超える健康保険組合が参加

○:個人に紐づいているので、個人のレセプト履歴を得ることができる

×:レセプトデータのみで、病状、検査値、アウトカムなどは記録がない

民間コンサル会社DB DPC8% 131施設のデータ

2008/4月~2013/9

600万人分

×:個人に紐づかないので履歴をトレースできない

○:病状、アウトカムが記録されている

調剤薬局のデータ
医療統計情報プラットフォーム
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1969年生まれの50歳、会社員。自称「お困りごと解決士」。会社では多くの人がいろんな事に困っています。プロジェクトが進まない、トラブル対応で早急に対策をとらないといけない、業務効率をあげたい、新しいシステムを入れたい、売上をあげたい、コストダウンしたい、など。そんな時、必ず頼りになるのが私です(笑) 元々は核燃料のエンジニア。30歳を過ぎてから社内で様々なプロジェクトをリード、コーチングするプロジェクト屋になる。多くの人を巻き込みながらプロジェクトをリードすることが得意です。オペレーショナル・エクセレンス(Operational Excellence、略してOpEx)、プロジェクト・マネジメント(Project Management)、チェンジマネジメント(Change Management)のエキスパート。どうすれば皆さんのお困りごとを解決できるのか?日々学んでいることをまとめています!